7.知らんぷり

試合中に、もし審判が

自分に有利な誤審をしたら、

自分から その旨申し出よ。

それでも 審判がその申し出を認めなかったら

次は自ら失点せよ。

 

相手に有利な誤審があったら、相手選手に直接問へ。

その時

もし、相手選手がとぼけたら(選手はきっと分かっているから)

今後 その選手を同士と思うな。

 

もし、相手選手のベンチが知らんぷりしていたら

そのベンチに入った人とは

今後、話しをする必要も無い。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


5 × = 十